人気ブログランキング |

5分で分かる? 『ニッポン神様ごはん』はこんな本

明けましておめでとうございます。吉野りり花です。
昨年もよく書きました。そして今年もいっぱい書きます。
本年も宜しくお願いします。

さて、年末に新刊が発売されました。
神様の食「神饌」をテーマにした『ニッポン神様ごはん』という本です。
全国の10の特殊神饌を、私がひとりで訪ね歩いて取材・撮影しながらまとめた本です。
amazonなどのネット書店や全国書店にも並び始めました。

この本は、ぜひぜひ、たくさんの人に読んでもらいたい。
ということで、新年のご挨拶代わりに
どんな本なのかダイジェストで解説したいと思います。


神饌って何?

神様がお食事をなさるということをご存知の方はおそらく少ないでしょう。
が、神様にもお食事の時間があります。
神社では毎日神様にお食事を献供します。それを「神饌」と呼びます。


なぜ神饌に興味を持ったのか?

私は神社の助勤巫女としてご奉仕していた経験があります。
(神社で働くことを奉仕・奉職といいます)
助勤巫女というと通常はお正月や七五三などの繁忙期に臨時でということが多いのですが、
私の場合、継続して一年を通じてご奉仕していました。
そのため、ほぼ本職と変わらない内容を担当していました。

境内の掃除、社務所でのお札やお守りの授与にはじまり、
御祈祷のご案内、結婚式の進行役や三三九度、地鎮祭の鎮め物の準備、巫女舞の奉奠まで。
そんな中で御神饌の準備を間近で見る機会も当然ありました。

私たちの身近にある食材が、神様に献供するというプロセスを経ることで
特別で神聖なものに変化するかのように感じ、とても驚きました。


どんなものが供えられるの?

神社の御神前に、御神酒や野菜などが供えられているのを見たことがある方は多いかもしれません。
正式には大きな祭では「米、酒、餅、海の魚、川の魚、野の鳥、水鳥、海菜、野菜…」などと
細かく品目が決められています。

ですが、これが決められたのは明治時代で、
それ以前はもっといろんなものが使われていました。

餅ひとつとっても、神社や祭りによって、いろんな作り方があります。
獣肉を用いる例は少ないと思われるかもしれませんが、なかには鹿や猪が献じられる例もあります。
食材だけでなく、花や兜なども神饌に使われます。


写真は第4章大神神社の鎮花祭で供えられる薬草です
スイカズラとユリネを使い、桃の花を添えます。

5分で分かる? 『ニッポン神様ごはん』はこんな本_c0303307_16002731.jpg


神饌は食のタイムカプセル

神社によっては独自の神饌が受け継がれています。
古代の作り方をそのまま継承して作り続けられているものもあります。
これを特殊神饌といいます。

神様に捧げるものだから、簡単に作り方を変えるわけにはいかない。
神々の食事という特殊な役割を担っていたからこそ、
古代食のおもかげがそのまま残されたという例もあります。
これが、神饌が「食のタイムカプセル」と称されるゆえんです。

現代の私たちが、古代の食事を実際に見られると考えるとワクワクしませんか?


写真は第2章の老杉神社のエトエトで作られる「めずし」。
酒粕をボールのように丸め、指で穴をあけ、
琵琶湖の魚・ボテジャコを生きたまま突き刺します。

なんでそんなことを?と思ってしまいますが、
ボテジャコをお酒に酔わせることで、
神様に少しでも新鮮なものを召し上がっていただこうという気持ちのあらわれだそうです。
これは古代のすしの原型とも言われます。

5分で分かる? 『ニッポン神様ごはん』はこんな本_c0303307_16010002.jpg


こちらは宮城県塩竈市の御釜神社の藻塩焼神事。
海水を釜で煮詰める古代の塩づくりが、神事の中で受け継がれています。
海水を漉すのにはホンダワラという海藻を使います。


5分で分かる? 『ニッポン神様ごはん』はこんな本_c0303307_16053876.jpg

5分で分かる? 『ニッポン神様ごはん』はこんな本_c0303307_16062115.jpg

神饌は芸術的

神様に捧げるものだから、丁寧に、心を込めて、最上のものを使って作られます。
なかには芸術的な美しさを持つものも。
有名なものに談山神社・嘉吉祭の百味御食があります。

写真は京都・北白川天神宮の高盛御供です。
一見、どうやって作るのか見当もつきませんよね。
飾りの文様にもひとつひとつ意味があるんですよ。

この高盛を運ぶのは白川から洛中に花を売り歩いた白川女の衣装に身を包む女性達。
白川女は頭の上に重い花をのせて運んだことから、
高盛も頭の上にのせて、運びます。

このように、神饌を通して土地の歴史や文化が見えてくるのも面白いところです。

5分で分かる? 『ニッポン神様ごはん』はこんな本_c0303307_16014836.jpg


こちらは貴船神社の若菜神事で献供されるぶと団子としいば餅。
ぶとは中国から伝わった唐菓子の一種で、神饌によく使われます。
春日大社の御神饌に用いられることでも知られ、
奈良ではぶと饅頭というお菓子も販売されています。
(そうめんの起源とされる索餅なども唐菓子のひとつです)

春日大社のぶとは揚げて作られるそうですが、
貴船のぶと団子は揚げずに作ります。
むすぶような形にも意味が込められます。

神饌は、形や色や運び方や作法にまで、さまざまに意味が込められているのも興味深い点です。


5分で分かる? 『ニッポン神様ごはん』はこんな本_c0303307_16113714.jpg



どう変化し、どう守るか?迷いながら受け継ぐ人々


日本の生活はすっかり様変わりしました。
四季と農事にあわせた信仰は、今の時代には即さない部分も増えています。

そんな中でどう受け継ぐか。
継承する方々は迷いながらも伝統を守り続けていらっしゃいます。
受け継ぐ方々の姿もしっかり伝えたいというのがこの本のひとつのテーマです。

人々は何を想い、何を祈り、どう受け継いできたのか。これから先はどうなるのか?
受け継ぐ人々の想いも感じてもらえたら嬉しいです。


というわけで、皆様
ぜひぜひ読んでみてください。





最後に、読み方のコツ

神饌というマニアックなテーマを扱っているため
序章で神饌とは何かを説明しています。
ただ、テーマがテーマだけに、どうしても少々専門的になってしまいます。

本書を旅エッセイとして旅の雰囲気を味わいながら楽しみたい方は
ぜひ第一章の貴船神社から読み始めてください。
旅に出ているような気分で、読み進められるはずです。
最後に序章を読んでもらえたら、すっと分かると思います。

民俗学関連の本を読み慣れているから全然平気という方は
どうぞ「序章」からお読みください。

神饌の準備は本来非公開で、女人禁制で行われることも多いです。
特別に取材や見学を許可してくださった取材先の方々には感謝ばかりです。

皆様もこの本を通じて、知られざる伝統の世界をのぞいてみて下さい。

# by lyrica-sha | 2020-01-10 16:32 | お仕事のお知らせ・掲載情報

新刊『ニッポン神様ごはん』発売のお知らせ

ついにできました!

新刊『ニッポン神様ごはん~全国の神饌と信仰を訪ねて』(青弓社)が、もうすぐ発売されます。
12月27日より全国の書店、amazonほかネット書店に順次配本されます。

新刊『ニッポン神様ごはん』発売のお知らせ_c0303307_15513367.jpg

この本は神々の食=「神饌」をテーマにした本です。
神様に捧げるために作られる供物を神饌と呼びます。
供えるものは、実にさまざまで、
食材だけでなくほかにもいろいろなものが用いられます。
神饌は、神様に捧げるものだけに、
心を尽くし、古い形をできるだけそのままに継承されてきたもの。
古い食文化をそのまま残すものも多く、
「食のタイムカプセル」とも称されます。

どんなものが供えられたのか、
どんな祈りが込められているのか。
そして、受け継ぐ人々はどのような想いで伝承されているのか。
各地の神饌から紹介します。

表紙は宗像大社の古式祭と、
大神神社の鎮花祭の神饌です。
詳細は下記より。




皆様、ぜひぜひ読んでみてください!


# by lyrica-sha | 2019-12-18 15:54 | お仕事のお知らせ・掲載情報

もうすぐ神在月の出雲へ~龍蛇神とドウメ節と

出雲神話の舞台・出雲へ行ってきました。

もうすぐ神在月の出雲へ~龍蛇神とドウメ節と_c0303307_17111513.jpg

10月のことを神無月というのは、八百万の神々が10月に出雲にお集まりになるため。
反対に神様が集結する出雲では10月を神在月と呼ぶというのは有名な話です。
旧暦の10月なので、今の暦でいうと、10月下旬くらいからが神在月になります。
もうすぐですね。

私は学生のときに旅行でたずねた以来の訪問なので
かなり久しぶりだったのですが、
神門通りが今風に変わっていて、時の流れを感じました。
鳥居のすぐ前にスターバックスがあることに、うぉ?とめんくらいつつ、
悩んだ結果、大社珈琲というお店でひと休み。
ロゴに大注連縄と珈琲豆がデザインされてて、凝ってます。
出雲ぜんざいケーキもあり、地元コンテンツがばっちり活かされていて素敵。
珈琲もおいしい。

さて、一歩境内に入ると、神門通りの賑やかで今っぽい雰囲気から、やはり空気が変わります。
参道が坂を下る形になっているのが珍しい。


もうすぐ神在月の出雲へ~龍蛇神とドウメ節と_c0303307_17113715.jpg

境内からは巨大な木の柱が出土しており、
それはおそらくかつての巨大神殿を支えた「心御柱」「宇豆柱」ではないかと考えられているそうです。
境内には出土地点が示されています(地面の○印がそれ)

もうすぐ神在月の出雲へ~龍蛇神とドウメ節と_c0303307_17115868.jpg


これについては、下記の國學院大學メディアに詳しく記されていました↓



今回はじめて知ったのが「龍蛇神」の存在です。
神在月には神々が出雲にお集まりになりますが、
神々の先導役を務めると考えられているのが「龍蛇神」。
出雲では地元の海に漂着するウミヘビのことを龍蛇神と考え、
浜にウミヘビが流れ着くと、神社に奉納するのだそう。
神事の後には、家庭でも龍蛇神をお祀りするとのことで、
取材先の神棚にも龍蛇神が祀られていました。
しかも龍蛇神様の祠がいくつも。龍蛇神信仰が篤いことにびっくり。

『まじない食図鑑』に、龍神と水神と云々~と少し書きましたが、
龍蛇神はまた龍神や水神とはまた違う系譜ということなのでしょうか。
海人族と関係があるのか?? 気になるなぁ。

国譲り神話の舞台となった稲佐の浜は、
神在月に神々がお集りになり、「神迎神事」が行われる地でもあります。
ここは夕陽の名所としても有名ということで、
陽が沈むまで1時間ほど海を眺めました。
弁天島の向こうの空、その色合いが刻一刻とうつりゆき、
複雑で一言ではとても言い表せないような色彩に変化していきます。

もうすぐ神在月の出雲へ~龍蛇神とドウメ節と_c0303307_17382575.jpg





もうすぐ神在月の出雲へ~龍蛇神とドウメ節と_c0303307_17395429.jpg




もうすぐ神在月の出雲へ~龍蛇神とドウメ節と_c0303307_17401167.jpg





もうすぐ神在月の出雲へ~龍蛇神とドウメ節と_c0303307_17402989.jpg



もうすぐ神在月の出雲へ~龍蛇神とドウメ節と_c0303307_17405537.jpg



もうすぐ神在月の出雲へ~龍蛇神とドウメ節と_c0303307_17411052.jpg

この色、何色って言えばいいんだろう?
稲佐の浜の夕陽は、出雲観光のハイライトとしてもおすすめしたいです。
夕陽の前30分くらいから、日が沈んでしばらくまでが色の変化が楽しめていいと思う。

もうひとつ、今回は「ドウメ節」でだしをとった
出雲蕎麦を食べられたのも収獲でした。
ドウメ節は、ウルメイワシの骨をとりのぞき、蒸して乾燥させたもので
昔はよく使われていたそう。
手間がかかるため、最近はあまり使われないそうですが、
「出雲蕎麦の老舗は今もドウメ節を使っていますよー」と教わって、食べてみました。
以前も確か同じ店で食べ、不思議な味のつゆだなーと思ったのですが、
謎がやっと解けました。
昆布、鰹節、いりこ、あご、どれとも違う、強い個性のあるだしです。
それでいて薄めの味付けで、江戸の濃いそばつゆとは全く違います。


取材先への道すがら、黄泉比良坂を通りかかったのも、興味深かったです。
黄泉の国との境目にある黄泉比良坂は、イザナギとイザナミの最後の神話に出てくるあの場所。
変わり果てた姿で追いかけてくるイザナミから逃げようとしたイザナギが
追手に桃の実を投げた神話の舞台です。
私は日本文学専修だったため、学生の頃は古事記の講義も必修だったのですが、
教授が黄泉比良坂について熱く語っていたのを思い出しました。

とはいっても、思い出すのは別のこと。
確か講義で私はちょうど黄泉比良坂のあたりで発表担当で、
ひどく不勉強だったために、教授に思いっきり怒られた思い出があるんですね。
あちこち寄り道しつつ、ぐるっと回って興味が大学の頃と同じところに戻ってきたことを実感している私は、
正直、先生の言う通りにあの頃もっとちゃんと勉強しておくんだったと悔やんでおります。。
先生ごめんなさい。やっぱり後悔先にたたずでした。


翌日、取材後に時間が余ったので、少し寄り道。
有名な「出西窯」へ行ってみました。
ここは工房が自由に見学できるのがいいです。
普段使いのお皿を買ってきました。

もうすぐ神在月の出雲へ~龍蛇神とドウメ節と_c0303307_20170140.jpg


もうすぐ神在月の出雲へ~龍蛇神とドウメ節と_c0303307_20205648.jpg
今回は、龍蛇神のことを通じて、出雲には神話や信仰が色濃く息づいていることを感じました。
一昨年、諏訪を訪れた時、神話の向こう側に広がる土着信仰の世界を知り、
それがあまりに奥深くて驚いたのですが、当然ながら、出雲もとっても奥深い。

日本神話の世界でもひときわ特別な場所。
神在月にもう一度訪れて、滞在してみたいです。

# by lyrica-sha | 2019-10-23 20:59 | 取材日誌

なまはげ伝承の地・男鹿へ

ついに、長年憧れ続けた秋田県の男鹿半島に行ってきました。

1月3日に真山神社で行われる神事の柴灯祭を一度見てみたく、

昨年問い合わせもしていたのですが、

真冬の男鹿に一人で行くというのはなかなかハードルが高く、断念していたんです。

今回は念願かなって仕事で男鹿に行けることになり、ついに憧れの地へ!


秋田へは東京から新幹線こまちで4時間、そこから男鹿半島真山エリアへは車で約1時間ちょっと。

各地から訪れるにはだいぶ遠い男鹿。

それが幸いしたのかどうかは分かりませんが、まだまだあちこちに手つかずの自然が残っています。

海岸線を走るとさみしくてちょっと怖いくらい。


なまはげ伝承の地・男鹿へ_c0303307_16522105.jpg

なまはげ伝承の地・男鹿へ_c0303307_16523829.jpg


山岳信仰の霊山でもあった真山神社。

1月には神事・柴灯祭が行われ、

2月の観光イベント「なまはげ柴灯まつり」の会場にもなる場所です。

余計なものがなく、凛としたお山の空気に包まれて

信仰の場としての神社が

静かにたたずんでいるのがいいです。


なまはげの伝承の数々、謎に包まれた起源。
興味深いことばかりでした。


伝承館では大晦日のナマハゲ実演も見学しました。

民俗行事や祭りはたいていは年に一回とか、ものによっては数年に一回とか、

その日その場所に行かなければ見ることができません。

ですが、ここでは古民家の中で誰でも行事を体感できるのでとても貴重だと思います。


なまはげ伝承の地・男鹿へ_c0303307_16530797.jpg


なまはげ伝承の地・男鹿へ_c0303307_16533629.jpg

なまはげ伝承の地・男鹿へ_c0303307_16535658.jpg
なまはげが来た!!
四股をふみ、戸板をならしながら、家の中を歩き回るナマハゲ。
大迫力。怖~。
家の主人はナマハゲに御膳と酒をすすめます。

なまはげ伝承の地・男鹿へ_c0303307_16541646.jpg

なまはげ伝承の地・男鹿へ_c0303307_16544072.jpg
なまはげがやおらとりだしたのは・・・「なまはげ台帳」。
手書きの文字がちょっとかわいい!

なまはげ伝承の地・男鹿へ_c0303307_16550231.jpg


ここでナマハゲは台帳を見ながら家のお年寄りを気遣います。
家の者がお年寄りを大切にしてあげないとだめだぞという内容です。
これは意外だった。
なまはげ=怖いというのが世のイメージだと思いますが、
怖いだけではなくて、人々を常に見守っている存在なんですね。

なまはげ伝承の地・男鹿へ_c0303307_16552363.jpg
さらにナマハゲは家の中を踏み鳴らし、戸板を叩きバンバン音をたてながら歩き回ります。
こうすることで、家の厄を祓う意味があるのだそうです。

なまはげは山の神の化身だとされます。
ですが、その起源は謎に包まれており、いくつもの説があるそう。

伝承館の隣にはナマハゲに関するさまざまな資料を展示する「なまはげ館」が。

一番の見所は「なまはげ勢ぞろい」です。

集落によって衣装もナマハゲ面もさまざまであることが分かり、驚くほど多様です。

こうして見ると、南の島の面にも似ているような。

なまはげはどこから来たんでしょうか。


なまはげ伝承の地・男鹿へ_c0303307_16570140.jpg


なまはげ館にはなんと「来訪神コレクション」のガチャがありました。

これ、ほかにどこにあるんだろうか。全国10カ所にあるんだろうか。

ガチャになっているのは全5種類で、私はメンドンをゲット。

なまはげ狙いの編集さんにボゼをめぐんでもらったため、

ボゼとメンドンの鹿児島来訪神ペアを手に入れました。
これきっとレアだぞ。


なまはげ伝承の地・男鹿へ_c0303307_16573060.jpg


男鹿には雄大な自然も残っています。

半島の突端にある入道崎へも。


なまはげ伝承の地・男鹿へ_c0303307_16562261.jpg



駐車場近くにある「なまはげ御殿」では石を焼いて投入して煮立たせる石焼料理も初体験。

焼いた石で瞬時に調理するために、鯛はふわふわ、出汁もとってもおいしい。

ここでしか食べられない郷土料理です。


なまはげ伝承の地・男鹿へ_c0303307_14072620.jpg



「ナマハゲ御殿」のおすすめは海鮮丼だということで、食べてみました。

先代が元漁師さんで新鮮な魚介類にこだわっているそうで、とびっきりおいしかったです。


なまはげ伝承の地・男鹿へ_c0303307_16564066.jpg


今度は本物のナマハゲを見られる真冬に訪れてみたい。

土地の人による土地の人のための本物のナマハゲはどんな感じなのだろう。

謎に包まれたナマハゲの起源も含め、

もっともっと知りたくなる魅力的な地でした。


# by lyrica-sha | 2019-09-28 14:10 | 取材日誌

Consultant「祭り 非日常と祈りの文化」に寄稿しました

建設コンサルタンツ協会が発行する『Consultant』という雑誌があります。

7月発行号は「祭り 非日常と祈りの文化」特集。


私は「食と祭り~祈りを食べる~」という文を寄稿しました。

祭や祈りで供えられる食と、その背景やルーツについて紹介しています。


特集ではほかにも

国立文化財機構/東京文化財研究所の久保田裕道先生

(『目からウロコの日本の神様』などたくさんの本を著されている先生)による

「神様から見た日本の祭り」と来訪神の話


篠笛奏者・森田玲さんによる「祭りが育む日本の音」


國學院大學の茂木貞純教授(『新神社祭式行事作法教本』編著の先生、私も本を持っています)

による「地鎮祭の歴史と意義」


写真家・芳賀日向さん(民俗写真家・芳賀日出男さんの息子さん!)による

震災と祭りのゆくえについての話


長岡市の山岸孝広さんによる長岡まつりと災害復興についての話


も掲載されています。


祭りや民俗が好きな方、神道に興味のある方にとってはなかなか濃い内容かと思います。

国土交通省・農林水産省や、建設関係の大学・高専などで配布されているそうです。

見かけた方はぜひ読んでみてください。


Consultant「祭り 非日常と祈りの文化」に寄稿しました_c0303307_10051626.jpg


# by lyrica-sha | 2019-08-21 10:20 | お仕事のお知らせ・掲載情報

日本の旅ライター・旅エッセイスト吉野りり花のブログです。りり花はlyricalから、「日本の旅を詩的に」がテーマ。食の民俗学、各地の食べるお守り、神々の食を取材しています。著書『日本まじない食図鑑~お守りを食べ、縁起を味わう』『ニッポン神様ごはん~全国の神饌を訪ねて』(ともに青弓社)。ブログは徒然更新、最新情報はtwitterでつぶやいてます。


by 吉野りり花
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る